のれんの山東・オリジナル暖簾写真
山東(やまひがし)トップ トップページへ オリジナルのれん 楽屋 無地のれん綿麻 tel075-748-6982 fax075-748-6983
ショップ概要 送料・お支払い Mail メール
  
TOP  >  無地のれん  >  生地の種類 > オックスフォード生地の特徴

オックスフォード のれん用無地生地を考える

ボタンダウンシャツの定番生地として有名。OXFORD。オックスとも呼ばれる。
そこそこ厚みのある生地であるが、ソフトで通気性がありしわになりにくい。光沢がある。
似ている生地にシャークスキンがある。似ているので同じ生地として扱われることもある。
広く流通している生地なので、通常よりも広い幅のものもあり、切れ目のないのれんや、日除け幕など、大きい面積を必要とする場合にも用いられる。

経糸と緯糸をともに2本ずつ引きそろえて織った平織りの生地。斜子織り(ななこ織り)の一種。経糸は2本引き揃え、緯糸を経糸よりも太い糸1本にしたオックスフォードもある。
( 2本「引きそろえる」とは、1本ずつ糸を交差させるのではなく、2本並べた交差させること。3本セットにした場合は3本引きそろえると言う。)

名前の由来はオックスフォード大学の学生が着ていたからそう呼ばれるようになったという説や、イギリスの会社が生地の名前に大学の名をつけて、そのうちの1つがオックスフォードだったという説などがあるようです。

オックスフォードシャンブレー

経糸が色糸、緯糸が白糸の組み合わせで織られたオックスフォード生地。
色がついているので字入れのオリジナルのれんには用いられませんが、無地のれんでは使用されることもあります。

ロイヤルオックスフォード ピンポイントオックスフォード

高い番手の糸を使用し、より光沢を出したもの。


オックスフォード生地・・・ボタンダウンシャツで有名。
葛城(カツラギ) 生地・・・厚手の綾織り生地でのれんにも利用される。
金巾 キャラコ 天竺 ・・・ その他の綿生地。
シャンタン スラブ ブッチャー・・・ 和風の変り織り生地。麻の代用にも。
帆布(ハンプ) キャンバス生地・・・丈夫なものと言えばこの帆布。
ブロード タッサーブロード・・・シャツによく利用される一般的な生地。
のれんの作り方(自作ハンドメイド用)・・・のれんの作り方は意外と簡単。
麻のお手入れ・洗濯とアイロン・・・ドリップドライなど意外な干し方も。
麻生地の特徴(リネンやラミー)・・・同じ麻でも異なるラミー(ramie 苧麻)とリネン(linen 亜麻)。
サンフォライズ加工・・・綿生地の防縮加工
         
  TOP 字入れオリジナルのれん 無地のれん綿麻 
特定商取引法に基づく表記 送料・お支払い 個人情報の取り扱い 日本の伝統色 

蕎麦 十箱(とばこ)様の写真を加えました。

のれんの京都山東 〒607-8417京都府京都市山科区御陵別所町36
TEL(075)-748-6982  FAX(075)-748-6983
E-mail : info@the-noren.com  ホームページ: http://the-noren.com
 
Copyright c 2013 のれんの京都山東(のれんのきょうとやまひがし) All rights reserved